WILPFとは   日本支部   地方支部   入会案内   会員のページ   アクセス

                                     平和への道 100年の歩み     

 婦人国際平和自由連盟(略称 WILPF)は、1915年(大正4年)、第一次世界大戦の最中

  武器の無い平和の世界を希求する、欧米諸国の女性たちが中立国オランダ・ハーグに

  集まり結成した、世界で最も古い女性の平和団体であり、 国内の平和活動はもとより、

  国連の平和活動を支援しています。私たちはその日本支部です。

                                                                                                             日本支部会長 増子富美





 

WILPF-US会員と広島・東広島地方支部会員との交流会が行われました!

 

原水爆禁止2019年世界大会に参加のために来日された3名のWILPF-US会員たちと、高面広島支部長、

馬越東広島支部長をはじめとする8名の会員たちが、8月5日午後,交流会を持ちました(写真)。

WILPF-USのホームページにも(https://wilpfus.org./)、その記事が掲載されています。

    「交流会:和食レストランにて」 「交流会:和食レストランにて」

  WILPF-US会員と日本支部会員            エレンさんと日本支部会員                  エレンさんと日本支部会員

第41回コンサートは、

       「森谷真理氏ソプラノリサイタル

           ピアノ:河原忠之

            

2019年11月16日(土)浜離宮朝日ホールで

開催いたします。

是非、ご家族ご友人お誘いの上、

ご来場くださるよう、お待ちいたします。

 

 

         映画会へのお誘い

 

           映画会チラシ表面                              

 

 

 

 

 

 

日 時: 2019年7月5日(金) 

        14:00~16:30( 開場 13:30)

会 場:セシオン杉並ホール

 

 

 映画会の詳細およびチラシ裏面 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

2019年度WILPF日本支部研修会が開かれました。

 日時:2019518日(土)

 会場:日本女子大学桜楓2号館

 講師:小山聡子氏(日本女子大学ダイバーシテイ担当理事・人間社会学部長)

演題:「トランス女性と女子大学-性の多様性を踏まえた入学問題検討の経過」

 2016年に入り日本女子大学は性同一性障害の男性の入学めぐ

問題に対する取組を開始するところとなり、小山先生は検討委員会

中心として今日に至るまでご活躍されています。日本女子大学での経過、

社会の状況、および検討のプロセスから見えた事、にわた興味深い内容

お伺いできました。

盛況のうちに終了いたしました。ありがとうございました。

 

2019年度読書会 活動のご案内         

英文読書会(第4火曜日 10:30~12:30)

      本部のニュースレターから世界を知る

 

「現代を考える」(第4火曜日 13:30~15:30

〇読書会

      今年度は喫緊の課題として「憲法」、「立憲主義」、「原発」、

   「核兵器禁止条約」、「環境問題」などの課題があがりました。

     5月~6月、高橋源一郎、長谷部恭男、石川健治、森達也、国谷裕子ほか   

 『憲法が変わるかもしれない社会』(文芸春秋)を読み、意見交換しました。

 今後、以下の書籍を取り上げる予定です。

  川崎哲  『新版 核兵器を禁止する』(岩波ブックレット)

  木村草太、青井未帆 ほか『「改憲」の論点』(集英社新書)

  海渡雄一 福島原発刑事訴訟支援団 福島原発告訴団

 『東電刑事裁判で明らかになったこと』 (彩流社ブックレット)

  山田敏男、杉井静子、小沢隆一

 『変えてはいけない憲法9条』(学習の友ブックレット)

〇映画上映会

    昨年の好評にこたえて計画中です。ご意見を受け付けます。  

 

〇フィールド・ワーク   福島訪問  (計画中)