WILPFとは   日本支部   地方支部   入会案内   会員のページ   アクセス

                                     平和への道 100年の歩み     

 婦人国際平和自由連盟(略称 WILPF)は、1915年(大正4年)、第一次世界大戦の最中

  武器の無い平和の世界を希求する、欧米諸国の女性たちが中立国オランダ・ハーグに

  集まり結成した、世界で最も古い女性の平和団体であり、 国内の平和活動はもとより、

  国連の平和活動を支援しています。私たちはその日本支部です。

 

 

読書会「現代を考える」からのお誘い 

原発について知ろうー河合弘之監督3部作上映

 読書会「現代を考える」では毎年のテーマに沿った教材を選び学習していますが

今年度は映画会も計画実施しています。

     読書会については「読書会」サブページをご覧ください。

第1部「日本と原発」は621日に終了いたしました。

上映後、活発な意見交換が行われました。サブページをご覧ください。 

 40回コンサートは、

与那城 敬 氏 バリトンリサイタ

 1013日(土曜) 浜離宮朝日ホールで開催いたします。

氏は、2016年東京二期会『フイガロの結婚』

北とぴあ国際音楽祭『ドン・ジョヴァンニ』、

2017年東京二期会『蝶々夫人』香港シティ・ホール『ラ・ボエーム』等、国内国外で出演されるなど、     目覚ましい活躍をされておられます。

是非、ご家族ご友人お誘いの上、

ご来場下さるようお待ち致します。

 

 92回総会・研修会のご案内

 日時:      2018519日(土)

 場所:      桜楓2号館3階 305 306 号室

 プログラム: 総会

           受付 :  10001030

           議事 :  10301200

           昼食 :  12151315

                          

                            研修会     13:301500

   会場  :       304号室  

       講師 :  布柴 靖枝氏

         第71・72回 国連総会政府代表顧問

         文教大学教授・臨床心理士・家族心理士(博士)

         特定非営利活動法人日本BPW連合会

      演題 「第71・72回 国連総会・第三委員会に出席して

                   ー国連は今?」

 

 

 映画会へのお誘い

 本年は2018年7月6日(金)です

    「未来を花束にして

 これは、女性の参政権を求めて立ち上がった “名もない花”の、真実に基ずく物語です。WILPFの活動の主旨にも一致する映画です。 ぜひ ご鑑賞ください。

 

     Peace Dolls 展覧会     Peace Dolls 展覧会

広島・東広島支部を訪問

 二日間の訪問は非常に充実したものでした。

 その内容をお伝えします。 

      品川氏の説明を聞く      品川氏の説明を聞く

      広島支部会員の合唱      広島支部会員の合唱

 

 

 

 

 

 

 

使用済み切手を集めて、アジア・アフリカに健康を届けよう!

(ひとりひとりは少なくても集まれば大きな力になる)

―使用済み切手で海外保健医療協力―

 

2017年度ノーベル平和賞は国際NGO

「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」に授与!!

ICAN ノーベル平和賞の受賞、おめでとうございます!

WILPF 日本支部として心から祝意を表します。  WILPF 日本支部

 

第2回WILPF日本支部拡大理事会が開かれました

 

8月19日(土)桜楓2号館にて日本支部理事会のメンバーに加えて、

さいたま、川越、千葉、京都および広島地方支部の各支部長、国際本部から、

秋林国際会長(京都支部長)および多田国際実行委員の出席のもとに開催

されました。

1部・2部との構成で行われ、第1部では国際本部から秋林国際会長および

多田国際実行委員の報告、第2部では地方支部の活動状況が報告されました。

 

第1部では、通常理事会では報告されない国際本部からの

1.核兵器禁止条約と「核兵器禁止条約を求める女性マーチ」(6月17日)

2.アジア太平洋地域支部ウエブ会議(8月5日)

3.国際会長の活動

4.2018年8月コングレスに向けて

等の報告がありました。

 

第2部の地方支部の活動では、埼玉地方支部の県や市の諸団体との交流、

埼玉大学の留学生に日本の伝統行事の紹介を行う国際交流。川越地方支部

からは手作り作品、千羽鶴およびピース・ドール作成、ネパールの高校へ

足踏みミシンを送る活動をはじめた。千葉地方支部では研修会を行い

これからの活動方針を話し合った。京都地方支部では月2回学生を中心に

会合を持ち、沖縄の米軍基地反対集会に参加。広島地方支部では10月の

日本支部会員の広島・東広島訪問を活性化のチャンスにしたいと期待

している、等の報告があり、日本支部と各地方支部との交流が深まりました。 

 

国際本部の報告を聞く

 

埼玉地方支部留学生との交流写真

「七夕と浴衣を着る会」201771(土)(於:埼玉大学国際交流会館)

 

WILPF国際本部が、核兵器禁止条約交渉会議開催中の

ニューヨークでデモ行進を主催しました。

 

核兵器禁止条約の第2回交渉会議が6月15日、米ニューヨークの国連

本部で開幕しました。100カ国以上が討議し、7月7日までに条約案

が採択される見通しです。アメリカ、ロシアなど核兵器保有国は参加

を拒否。アメリカの核の傘に依存する北大西洋条約機構(NATO)諸国や

日本政府も参加を見送りました。

WILPF国際本部から、秋林こずえ国際会長、および本部の軍縮担当役員

(Reaching Critical Will) 数名が、条約の成立を求めるデモ行進に参加

しました。

        WOMEN’S MARCH

        TO  BAN THE BOMB

        JUNE 17 NEW YORK

 

 と書かれた横断幕を掲げた各国の人々や広島や長崎の被爆者とともに

秋林会長がニューヨークの中心部をデモ行進しました。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

         第91回総会報告

   日時:2017年5月20日(土)
   場所:日本女子大学桜楓2号館

    2016年度事業報告、2017年度事業計画、各地方支部長による活動報告、

   計画が発表されました。

  今回は国際本部会長の秋林理事による本部の現況報告および本部会長とし

  ての活動報告があり、より充実した総会となりました。

  また新入会員報告の中では若い学生会員の入会もあり、今後の発展が期待

  されます。
 
   総会の後12時50分より外務省参与・女性担当大使、前ルクセンブルグ

  大公国日本国大使の西村篤子氏による研修会があり、「男女共同参画社会

  をめざしてー国際的動向と日本の貢献」ついて講演があり、多数の参加者

  のもと無事終了しました。
   (尚この総会の詳細は7月に発行される『婦人と平和』に記載予定)

 

 

 広島原爆記念日に千羽鶴をお供え」の広島地方支部の

               取り組みへの協力!!

        ー原爆記念日を忘れないため

 日本支部有志と川越地方支部による連携が実りました。

 

 

 

 

 

 「WILPF国際本部 100周年記念誌」が

    刊行されました。