WILPFとは   日本支部   地方支部   入会案内   会員のページ   アクセス

「地方支部訪問」の続き


 

 

 

 

 

 

 

 


会員部担当理事 髙﨑方子

今年は埼玉・川越地方支部訪問が実現しました。こまめにコミュニケーショ

ンをとり続けることが、それぞれの活動を活性化させ、WILPFとしての一体感を高めることになるのではないでしょうか。今年は、武蔵嵐山のヌエックに24名が集いました。一日目は、午後の研修に始まり、夜の懇親会、更に深夜まで、交流が尽きることなく続きました。「陽に向かい、陽に帰る」館の配置(本館を挟み東に研修棟・西に宿泊棟)に、この施設の理念を感じつつ翌日を迎えました。平和を考える拠点としての「原爆の図」丸木美術館では、人間誰しもが抱える光と闇を直視する時間を持てたように思います。来年もまた集えることを願っています。

神田支部長を始めとする川越地方支部の皆様および、ご協力頂いた埼玉地

方支部副会長の緒方様、山崎様および小川様にも厚く御礼申し上げます。

 

*本文:会報「婦人と平和」143号掲載      *写真撮影 村岡幸子

参加者の報告は、ここをクリックしてご覧下さい。

 

 

 

 

会員のページ 

会員のページでは、機関紙「婦人と平和」をご覧になれます。

また、随時会員向けの情報を、会員の広場に掲載いたします。

  会員の方は、ここをクリックして、別途お知らせする

  ユーザ名  パスワード を入力・ログインすると

  ご覧いただけます。

 

非会員の方に、本会の活動をご理解頂くため「婦人と平和」

の一部を掲載いたします。

入会をご希望の方は、ホームページの入会案内をご覧ください。