WILPFとは   日本支部   地方支部   入会案内   会員のページ   アクセス

WILPFスウェーデン支部が、平和のメッセージを書いたタスキをかけた人形を

「平和のメッセンジャー」として国連に展示し、その後、人形を難民の子どもに

送るという活動を始めました。日本支部はそれに参加し、人形をスウェーデン支部

に送りました。日本からの人形は、スウェーデンに集まった他国の人形とともに、

スウェーデン支部で展示されました。このほど展示会場の様子が動画でおくられて

きました。下記、アドレスをクリックして、様々な国の様々な個性豊かなお人形を

ご覧下さい。

 https://www.youtube.com/watch?v=Nm5aTzvZONU&sns=em

      人形作成中      人形作成中

 スウェーデンへの旅立ち前に
     目白祭で展示された人形 スウェーデンへの旅立ち前に      目白祭で展示された人形

  スウェーデンの展示会場  スウェーデンの展示会場

日本支部との連絡役をしてくれているスウェーデン支部のハリエットから下記メールが

届きました。

2017年、12月のスウェーデン支部の展示会には毎日、150名から、250名の見学者が

あった。日本からの人形はとても可愛いと好評を博した。人形のタスキに書かれた

メッセージはニューヨークの国際連合の要人たちに、人形はスウェーデン大使館の支援で、

ヨルダンの難民キャンプ、ザータリの子どもに届けられることになった。人形を作ることは

一緒に集まり、自分、子ども、孫のために私たちがどのような社会を求めているか話し合う

よい方法である。集まって、話し合い、人形作りを続けよう。」

 

今年も目白祭に出展します 

日時  2017年10月21日(土) 22日(日) 10:00~17:00

場所  日本女子大学  百年館204教室

              今年は、展示と映画の上映会を行います!

 

上映会は22日(日) 13:00〜14:45、その後14:45〜15:15は、

英文学科の三神先生から解説をお聴きすることができます!

映画は『未来を花束にして』という、イギリス・ロンドンを

舞台にした、作品です。この映画では、20世紀初頭の婦人参政権

運動で活躍したイギリスの女性たちが描かれています。

 

 それ以外の時間帯は展示を行います。

         《展示の内容》

     ・Young WILPFの紹介

    ・国際連盟(United Nations)について

     ・国連が掲げるSDGs(Sustainable Development Goals)

                       について

     ・映画『未来を花束にして』について

           ・Peace Doll Projectについて

              (註 この企画はスウエーデン支部の発案によるもので、日本支部が協力しています)       

      Peace Doll Projectで作った人形です。

平和へのメッセージを託され、スウェーデン支部経由で国連に向かいます!